おかげさまで10周年。新たに「スイーツ」の展開をはじめました。

LEARNNINGS知る・学ぶ

最新情報をお届けします。

【2023年(最新版)】国内フェアトレード市場規模の推移

フェアトレード市場規模は2023年、初めて200億円を突破しました。2023年は為替の影響や、原料価格の高騰等の困難に直面したものの、無事に市場として成長を続け前年比+7.6%の成長となりました。理由として主産品のコーヒー市場が堅調な伸びを見せたほか(前年比108%)、プライベートブランド

フェアトレードに切り替える経営メリットとは?

フェアトレードとSDGsフェアトレードに取り組むことは、途上国の支援になるだけではなく、取り組む側、つまり企業や団体様にも多くのメリットを生みだします。実はフェアトレードコットンに切り替えることでSDGsの17の目標のうち8つに取り組むことになるのです。SDGsとは?201

日本でフェアトレードが広まらない理由?

普及が遅れる日本日本のフェアトレード認証製品の市場規模を見てみると、驚くことに158億円しかありません。世界では1兆2,776億円ものフェアトレード製品が販売されています。(出所:フェアトレード・ラベル・ジャパン 2022年5月プレスリリース)ちなみに1位のイギリスでは、およそ3,

「30分に1人が自殺」の理由をご存じですか?

画像:当社が綿花を購入している農園にて綿花栽培で起きていること綿花農業に従事している世帯は世界で1億世帯以上といわれています。そのうち約9割が発展途上国です。日本では栽培されていないこともあって、あまり知られていませんが、実は綿花栽培には多くの課題があります。中国やアメリカ

パンデミックとフェアトレード

パンデミックと途上国2019年末から始まった新型コロナウィルスの影響拡大は、先進国に住む私たちのみならず開発途上国にも大きな影響をもたらしています。ロックダウンにより、工場の操業が停止され、多くの労働者が解雇されました。また、消費国への出荷手段を絶たれ、行き場を失った農産物が大量に廃棄され

フェアトレード大学とは?

2020年にフェアトレード大学となったオックスフォード大学フェアトレード大学の認定について大学全体でフェアトレードに取り組んでいることで認定される「フェアトレード大学」。街全体でフェアトレードに取り組むことで認定される「フェアトレードタウン」の運動に次いで始まりました。認

フェアトレード、オーガニックと児童労働

学校に通わず母の手伝いをする子ども (筆者撮影)使う人も、作る人にも、環境にもよいモノづくりを 私たちにとって身近な布であるコットン。生まれてすぐに下着として身に着けてから、洋服、バック、シーツなど長く私たちの暮らしとともにある繊維でもあります。FCIでは、第三者機関による国際認

「国際フェアトレード基準」とは?

国際フェアトレード基準についてSDGsの達成が広く意識されるようになり「フェアトレード」という言葉そのものの認知度も上がってきました。しかし、基準などについては、まだ漠然とした理解であることが多いように思います。今回は、私たちFCIも認証を受けている国際フェアトレード認証ラベルに

「フェアトレード・プレミアム」とは?

画像:フェアトレードの支援によって 建設された学校であることを表す看板 生産者が自らの手で発展していくことを目指して 国際フェアトレード認証では、公平・公正な価格で生産物を取引するだけでなく、生産者に対してフェアトレード・プレミアムと呼ばれる奨励金も支給しています。綿花の代金

TOP