1. HOME
  2. ブログ
  3. SDGs
  4. 持続可能な社会を作る一員として  〜「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員企業となりました〜

LEARNINGS

知る・学ぶ

SDGs

持続可能な社会を作る一員として  〜「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員企業となりました〜

sdgs_network

当社(FCI)は、SDGsの理念に沿った地方創生を加速するための国主導での取り組み「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員企業となりました。(2020年6月〜)

SDGsの目標は「少し馴染みがないものもあり、どのように取り組んだら良いかわからない」という声が聞かれることもあります。

しかし、地域の課題などに落とし込んでみると、身近な課題と関連するものも多くあります。

また、SDGsの理念に沿ってまちづくりや地域活性化に向けて取り組むことで民間企業で、その会員数は2020年5月末現在で、1445団体となっています。

目標が共有しやすくなり、地域の課題の解決が加速するとも考えられています。

今回FCIが参加した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」とは、地方自治体でのSDGsの達成に向けた取組と地方創生に向けて、自治体、企業、NGO・NPO、大学研究機関のマッチングや連携の促進のために発足しました。

登録会員は、都道府県や政令市・そのほかの自治体、官公庁、非営利団体、民間企業で、その会員数は2020年5月末現在で、1445団体となっています。

活動は、

・自治体のSDGsに沿った課題を解決するための民間企業・団体とのマッチング

・分科会の開催

・SDGsの取り組みの共有などを目的とした普及促進活動

の3つを中心に行っていて、団体、企業が連携した課題解決の加速とそれに伴う地域の活性化が期待されています。

FCIも持続可能な社会を作る一員として、このような国の取り組みにも参加しながら、引き続き、社会の課題解決に貢献していきます。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

http://future-city.jp/platform/

関連記事